2010年12月31日

どこでもパーテーション 余分な視覚刺激を遮る 虐待を避けられるか?

 パーテーション自体は要するに場所と場所を隔てる壁です。おめめどうの「どこでもパーテーション」は机の上などに置いて余分な視覚刺激を遮る物。

どこでもパーテーション2.png

 「ふたつめの月がまわってくる」の中の解説記事はこちら。

商品解説34(どこでもパーテーション)

 私の書いた下記の記事の場合に有効かどうかはやってみないとわかりませんが。

−−−−−−−−−−−−−−−
大阪の知的障害児施設虐待事件続報


「入所児童に体罰や性的虐待 大阪府、2施設に指導」の続報です。


知的障害児施設で虐待「体罰が当たり前だと思った」

「問題があった施設は寝屋川市の「月の輪学院」。」

 朝日の記事には無かった施設名が出ています。

 直接の情報を取れるような場所はリンクが切れてますね。

「施設で研修中だった学生が虐待を見つけ、所属の大学を通じ、府に通報があった。」

 朝日の記事では

「実習をした短大生が指導教授を通じ、府中央子ども家庭センター(寝屋川市)に「施設職員が子どもをたたくなど体罰をしている」と通報。」

と出ています。どっちみち月の輪学院側では、簡単に特定できることでしょうからもう学校の名前も報道したらいいのに。そしてそこの学校の学生は多くの施設で積極的に雇うようにしたらいいのに、と思います。まともな感覚を持った学生であり教授なのですから。

「入所する5−22歳の21人に13人の職員が」

 これだけ見るとすごく手厚いですね。どういう形態の施設なのだろう。
 ショートステイとかあるので、入所型施設でひとときの人数は手薄になるのだろうか?それでも21人に対し、4人はいるのじゃないか?夜など1人とか2人とかになるのかな?

「馬乗りになったり、たたいたりする体罰を確認。パニック症状を起こした際などに、体の一部を引きずったり馬乗りになったりする体罰もあったが、け がをした入所者はいなかったという。」

 パニックを止めるためにやったと言いたいのか。
 パニックにならない工夫がまず必要なのだけど、それをやっていたのか?
 「引きずって」収まることはありえないと思いますね。安全な場所に連れて行こうとした?うーん。
 「馬のり」も?
 場合によっては「抱きとめる」というのだったらあるかもしれない。

「昨年夏から秋にかけ、流行した新型インフルエンザの影響で、感染防止のため児童らが外出できなくなり「施設内に閉塞(へいそく)感があったのも原因」」

と施設側は言っているわけですが、ふーむ、施設の中で居心地よくする工夫はされていたのか?またスケジュールを明示し、スケジュールの変更を伝えることはしていたのか?普段、スケジュールが必要無いと思えた人でも、変更の時こそ必要になることがあります。それは「必要無い」と思えた普段からやっておかないとわからないことです。

「石井芳明施設長は「隣の子のおかずを取り上げた子に対して手の甲をたたくことは虐待だと思っていなかった。認識が甘く、子供たちに対し深く反省している」と述べた。」

 施設長さんの書いたものとかは見つかりません。

 どう反省しているのか?

 まず「隣の子のおかずを取り上げる」ということがあるなら「距離を離す」「壁を作る」「別室で食事を取る」という対策がすぐに浮かびます。
どこでもパーテーション.jpg
 「どこでもパーテーション」の写真

 非人間的と言われるかなあ。しかし取りあえずの対策としてはこれらですね。

 また長期的に「自分のもの」「他人のもの」を区別することができるようにするためには、他の日常生活で持ち物に自分のシンボルがつき、他人のものには他人のシンボルがつき、という状態で「自分は自分のものを使う」ということを意識してもらって習慣をつけていく、という方法が取れるかもしれない。

 そうすれば、自分のおぼんに自分のシンボルがあり、他人のおぼんに他人のシンボルがある、という状態で見分けがついていくかもしれない。もちろん、やってみないとわかりませんが。

 追記
  基本的に「他人のもの」を取るという場合、そもそも「自分のもの」「自分の大切なもの」
 とかいう部分を育ててもらっていない可能性は大きいかな、という気がしますね。

 でも、「叩く」以外に、すぐにそのくらいのアイデアは思いつく、ということです。ほんと、やってみないとわからないし、時間はかかるでしょうが。

「虐待などをテーマに研修活動を行う「エンパワメント・センター」の森田ゆり代表は「施設内で虐待や体罰が起こるのは、職員数に余裕がないことと、職員への研修が十分でないことが原因。力で押さえ込んでは効果がなく、それ以外の方法を学ぶ姿勢が大切だ」と話している。」

 それ以外の方法ですが、「心のもちよう」だけではだめでしょうね。
 「パニックを起こす」という点から見て自閉症の方が多数おられるようです。
 そこから出発しないと。


YOMIURI ON LINE の記事(現在既に記事はありません)
「大阪の障害児施設で、職員が日常的に児童虐待」

 こちらでは

「パニック症状になった児童の顔を平手でたたいたり、動かない児童を力ずくで立たせたりしていた。」

とありますね。平手でたたく・・・上にも書いたけど、そもそもパニックをしなくていい環境を作らないといけないし、そしてもちろんパニックの原因が単一ではなく複合しているかもしれないから、あれこれ探る必要があります。

 それでももし起こってしまったら、安全な環境でしかもできるだけ離れて、「見ない」ようにして見守る、ということをしますね。できれば、ですけど。しかし少なくとも、平手打ち、はしません。

 「動かない児童を力ずくで立たせたり」

 これをやってると結局動かない人を作ってしまいます。
 なぜ動かないのか。本人のやりたい活動があるのか。本人に選択してもらっているのか。それをちゃんと伝えているのか。そこを改善しない限り、ますます事態は悪くなります。

「府の調査に対し、職員らは「そういう方法が当たり前だという認識だった」と話したという。」

ということだったんでしょう。

 そういう職員を育てていたのが、どういう研修体制だったのか?
 どういう人を講師に呼んでいたのか?

「施設を運営する社会福祉法人の永島剛理事長」は「平成2年2月定例会福祉保健常任委員会」を読んで見ると、公務員の天下りかな。同姓同名の別人の可能性もありますが。ご本人だとすると、「制度」には強いけれど障害のある人にどう対応したらいいか、ということはご存知なくてもしかたないのかもしれません。

 なら「わかる人」を呼んで来るのが責任というものとは思います。

 でもほんと、短大の学生と教授はえらかったと思います。

 過去の私の周囲の知的障害特別支援学校の大学への内地留学生は、現場で「威嚇と暴力」が使われていたことを、たぶん教授に報告していないし、教授は報告を受けていたら、対策を取っただろうか?

−−−−−−−−−−−−−−−
 続報です。

保護者会の会長になりました。

というのがありました。

 なるほど。保護者会としては月の輪学院に謝罪を求めるのではなく、大阪府に謝罪を求める、という方向なのですね。すごく信頼されている施設なわけです。

 職員さんの「愛情」と「熱意」は疑うべくも無いのでしょう。ただ自閉症の人など「知的障害」に入る人とつきあうには「ちょっとした知識」と「ちょっとした技術」が必要なのだと思います。

 報道が保護者を無視して出てしまったということにお怒りの保護者が多数(?)おられるようです。う〜む、報道というのはみんなを納得させてから出るもんでは無いやろうなあ・・・

 触発されて思ったことは別エントリーで。

保護者から学校や施設への感謝

追記
 上のブログを読んでいて

諦めよう!!

というのがありました。よく状態がわかります。

 特別支援教育に携わる教師や支援者は「こうすれば楽しく生活できるよ」を伝える義務があると思います。「そんなやり方、考え方があるなんて知りませんでした」ではすまされない。

posted by kingstone at 21:26| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青ペンキ おしっこのねらいを定める





トイレで床におしっこをまきちらしていた子への対応

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。

 自閉症のお子さん。

 男子用トイレで朝顔(小便器)の前に立つのですが、出る瞬間から横を向き床に全部まきちらしてしまいます。引き継ぎではそんな話は無かったのですが・・・

 校外のトイレでも同じでした。

【対応1】
 たぶん1度は、指さしと音声言語で「ここ」と指示したと思います。まったく効果なし。しかし「叱る」のも違うと思えました。

 しかたなく、その子がトイレから出て来たら、私が水で流してデッキブラシで洗うという対応しかできませんでした。校外の場合はそのままにして「逃げ」てました。非常に情けない気分でした。

【推測】
 その子は人に関わるのが好きで、人があわてたりするのを見るのが大好きでした。ある時、トイレで偶然おしっこが横にいる別の子にかかりかけた時に「わっ」とよけたのが楽しくて、その行動が定着してしまったのではないか?
 まあ、これは推測しても、あまり解決にはつながりません。
 周囲の子に「びっくりしないでね」「よけないでね」はこの場合、無理がありますから。

【情報収集】
 家は洋式便器。失敗は無い。ブルーレットを使っている。

【対応2】
 その子の使う朝顔はいつも決まっていました。
 朝顔の排水管の上の蓋をきれいに洗ってブルー(青)ペンキで塗る。
 朝顔の前に黄色のペンキで足形を描く。
 そうした後、1度だけ、おしっこをする時に排水管の上の蓋を指さし音声言語で「ここ」と言いました。

【結果】
 校内でも校外でも朝顔にちゃんとするようになりました。

 まあ、もちろん、たまたまこの場合に有効だったに過ぎません。

 追記。写真が出てきました。
    記憶では黄色のペンキで足型を塗ったつもりでしたが、赤でしたね。
    また記録しようという気もなかったので、撮影は1〜2年後なので、色あせてます。

toireblue.JPG
posted by kingstone at 19:58| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのね♪DS コミュニケーションや支援用ソフト

「あのね♪」というのは自閉症の人のコミュニケーション、主として自分から表現を支援する手だて、のためのソフトウェアです。現在は任天堂DSやDSi用が一般的かな。NTTdocomo版もあったし、ポケットコンピュータ用もありました。今後はiPod用とかiPad用とかAndroid用とか出るんだろうか。

 あのね♪DSのおめめどう販売価格は販売価格: 15,750円 (税込)

あのね♪DS.jpg

 私は「あのね♪DS」はカナータイプの自閉症の方用と思っていたのですが、日本自閉症協会の掲示板でこんな発言を見つけました。

「会話カード」
 発言者さんは自閉症の人への支援のことを講演されることもあるアスペルガー症候群の当事者さんです。元発言は既に消えてしまいましたが、それだけ流暢にお話される方が「言いたいこと」を表現するためのアシストに使っておられる、という内容でした。

 「あのね♪」は音声言語があまりない方が利用するのかと思っていましたが、この方はかなり音声言語が使える方なのでしょう。こういう方も使ってるんだ、へーって感じです。

 「あのね♪」の開発者はsyunさんです。
 (プログラマーじゃなくて・・・仕様を決めた人、っていう言い方がいいのかな?)

−−−−−−−−−−−−−−−
あのね♪タイマー機能などアスペルガー症候群の人向きやて

 ハルヤンネさんのブログより

指定時間

 アスペルガー症候群の人のタイマーの需要はいろいろあるようで。
 もちろん100均のタイマーで十分の方もいらっしゃるでしょうが。

 もしDSやDSiを持ってる人ならこんなのもあるということで。

dstimer.jpg

 上に「残り時間」下に「指定時刻」が出てます。

 「あのね♪」はDSやDSi用のソフトです。
 基本はコミュニケーションツールですけど、こんな機能もあるのですね。

 ホームページはこちら

http://www.three-ten.co.jp/anone/

追記
 当然のことながら人それぞれで、中には「タイマーがあると気になってダメ」という方もおられます。

−−−−−−−−−−−−−−−
DSやDSiで動くフリー(タダ)のソフト それと1つの物には1つの機能という話

 こんなエントリを見つけました。

DSiで 動く絵カード

 私は、今はもうゲームをやらないので知らなかったのですが、DSiとかにフリーウェア(無料のソフト)なんかあるんですね。

 ちなみに中に

「小さいお子さんでは本体を見せた途端「DS,DS、ゲームする、ゲームする」と収拾つかなくなってしまうことも考えられますね。」

 と書いておられます。DSやDSiにはほぼ自閉症の方専用ソフトとして「あのね♪DS」とかありますけど、ある方は

「うちは本体を分けてます。ゲームするのはゲーム専用のDSLite、あのね♪DSを使うのはDSi。贅沢だとは思いましたが、息子のように重度の子は兼用が難しいので。iPodもnanoは動画や音楽専用、touchはゲームなど、という感じに本人が使い分けてます」

と教えて下さいました。これ自閉症の方に大事かもしれません。

 1つの物は1つの機能で使う、ということ。同じ形でも色で分けることもできるかもしれません。

 価格コムで調べてみるとDSiは高いので15800円から。
 あのね♪DSは15750円

 合計で31600円くらいですか。

 私などは支援機器は最低でも10万円から、という時代を知っているので「すっごく安い」と感じてしまいますが、どんなもんかな。

−−−−−−−−−−−−−−−
「あのね♪DS情報」おめめどうの「ダイレクトセールス in 明石 魚の棚」10

 「あのね♪DS」は昨日は展示されてませんでした。

販売価格: 15,750円 (税込) 

 丁度売れてしまったとか。うん?ハードが?ソフトが?

 ああ、ネットショップの方でもソフトがソールドアウトになっていますね。

 開発者(?仕様を決めた人?言い出しっぺ?)はsyunさんです。

 「あのね♪」のプラットフォームはiPAQ、ドコモの携帯、DS(DSi)があります。

iPAQはヒューレットパッカードのポケットPC。今のスマートフォンをもう少し大きくしたようなタッチパネルの小型パソコンです。もうガタが来て壊れてきているでしょうね。popoさんちでもつい先日まで使っていて壊れてしまったようです。

お疲れさんでした

 ドコモの携帯電話ではまだお使いの方がいるかもしれません。

 DSiだと撮った写真を絵カードとして使えます。

 本体は15000円くらいですね。

 「あのね♪DS」は既に1000本売れたとか。(おめめどうだけではなくいろんなとこで)もちろん売れただけじゃ意味なくて、「うまく」「楽な生活」のために生かして頂きたいし、そうされてる方を何人か知っています。

 OCNの「ブログ検索」で見てみたら、たくさんの使用してはる方が出てきますね。うまく使っておられるような方もあり、うまくいってないのかな?という方もおられる。なかなか面白いです。これは「最終更新時順」で出してますけど「適合度順」にしてみても面白いかも。

 プラットフォームが任天堂DS(DSi)である強みは、

1.子どもが使うおもちゃとして考えられているから、ある程度丈夫である。
2.壊れた場合の任天堂のサポートが良い。
3.子ども(大人も?)のいる家庭では既に1台ある確率が高い。

のあたりですね。最近はプラットフォームになりうる物として iPhone や Andoroid などのスマートフォン。iPodTouch。 iPad やその他のタッチパソコン類も出てきているし、それらに使えるコミュニケーションエイドも増えてきているので、あれこれ楽しみです。

 プラットフォームとして、iPhoneを取り上げてみると

2010年2月頃に調べた内容だと、3GSで月々かかるお金が7000円強だったと思うのですが。1年で8万4千円ほど。これに本体代月々2000円が含まれていたのだったか、無かったか?何度もソフトバンクのお店で聞いたのですが、いまいちよくわからんかった。

 あと、頑丈さの点ではDSに一歩を譲るでしょう。

 画像の美しさは圧倒的にiPhoneでしょう。iPhone4でさらに美しくなっている、と言いますし。

 上のようなことがクリアできればiPhoneって素晴らしいでしょうね。iPodTouchだと月々の通信費がいらないからいいのかな。

 私はiPAQの時代にあのね♪をソフトもコミで自腹で買いました。当事者さんが使うものですが、使ってる人に、こちらは自分のiPAQで答えられたら、というのが1つ。もうひとつは関わっている自閉症の方に使ってみれたら、というもの。しかし、私もうつでだんだん元気が無くなっていたのでフィッテイングすることはありませんでした。

 使ったのは1回。やはりiPAQを使っていた人の表現に、私のiPAQで答えたのですが、これは紙にペンで書いても良かったかも(アセ)

 その方とは以後は紙とペン、あるいは普通の携帯メールでやりとりしました。

 別の方が使っているのを見たのは割と最近。カナータイプでかたよりが強く、表現することの少ない方でした。しかしその方がある時、腰のバッグからiPAQを取り出し何か書いて私に見せてくれました。表現することの少ない方だったので周囲のみんなが「何て?何て?」と寄ってきました。「ええっと、カブトムシ」「カブトムシ!」みんななぜ「カブトムシ」かわからずじまいでした。まあ味があるというか、何か意味はあったのでしょう。

 私のあのね♪体験はそれくらいです。ですから最近のあのね♪の使い勝手とか中味については論評できません。

 まあ、結構使ってはる人がいて、表現することに結びついてきた人がいる、ってのは確かかな。どういう人に合うか、とか歩留まりとか、は正直わかりません。

 先日ある方がTwitterで「学校であのね♪を買って貰えた」という先生に対して、まあ非常に否定的なツィートをしてはりました。

だからたぶんご意見の中に大事な部分があるのだろうな、と思いました。ただし展示会で触ってみられてのご意見ですが。

 関係ないかもしれませんが、私が肢体不自由特別支援学校で様々なコミュニケーションの手だてや、パソコンを使ってのコミュニケーションを模索していた頃。

 当時の16bit機や32bit機(?だったっけ)には98、Towns、Mac、DosVといろいろあり、そしてそれぞれに素晴らしい実践をしている方がおられました。で、困るのはそういう方が自分がうまく実践されておられる機種を推奨し、他の機種はけちょんけちょん。

 私は実際に自分でかなりさわってみなければわからないたちだし、また実際に子どもたちに触れて貰わないとわからないし、また実際に使っているところを見てみないとわからないので、機種はできる限り自腹(少なくとも当時はそれに避ける予算は無かった、というか握ってなかった、というか)で各種購入(新品・中古)し、また頂けるものは頂いたりしました。
 
 あとネットで友だちになったALSの方が実際にMacを使っているのを見に行ったり、言語聴覚士さんがたくさんの筋ジストロフィーの方にDosVをフィッティングしているのを見に行ったり。

 あれこれ勉強して良くわかったのは、それぞれに「事情」というのがあるものなのだ、ということ。

 例えば98。当時の日本でのシェアは圧倒的でした。しかし肢体不自由のある種の障害のあるお子さんに使ってもらおうとすると例えば別売で別業者の音声ボードを入れないとだめであったり、自作の入力装置を作らないといけなかったり。自作だから安いかと言うと、時間コストは特に「できない」人にとっては半端じゃない。しかし、逆に言うとそれができれば使ってもらえるパソコンがごろごろある。

 例えばMac。たぶん同じCPU能力なら値段は一番高い。ところがソフトや入力装置は既に売られていた。お金はかかるけど。逆に言うとお金を出せばすぐ実現できることが多い。また当時はユーザーグループが活発だったので、シェアは少ないのに「こうした使える」という情報には一番アクセスしやすかった。

 Towns。これは富士通のソフト開発に知り合いがいて素晴らしいソフトを作っていた。また商品カタログにタッチ式のCRTディスプレイがちゃんと載っていた。高かったけど・・・でもこれがあればキーボードやマウスが使えない、しかし腕は動かせる子がソフトを楽しめる。なおMacにも外付けのタッチパネルはあり、これも自腹で購入し使えることは実証済みでしたが、外付けなので画面との一体感はいまいちでした。

 DosVについては当時自腹で購入には至りませんでしたが、まあ今後、これがのしてくるだろうな、というのはわかりました。

 ということで、私はまず自腹購入→実証→学校予算で購入という手段を取ったわけですが、しかし実際の所、先駆者がいて購入しててくれれば自腹を切る必要もなかったと思います。しかし、そっち方面の情報は学校現場には入っておらず、自費でリハビリテーション工学カンファレンスに参加してみて、げげっ、既にこれだけの情報があるのに現場には何ひとつ(大げさではなく、何ひとつ)入っていない、ということに驚愕しました。ほんま税金泥棒やで。

 でそれぞれの機種を勧め、他を罵倒される方からも多くを学びました。どんな実践が子どもにウケる(役に立つ)のか。そして確かに、ある条件のもとではその機種が一番。別の条件のもとでは別のが一番。

 そして後年、校内で責任者になっていきます。

 で、購入の時に考えていたのが、今、子どもたちが使え、私や他の先生が使えること。かつオープンに未来に開かれていること。98だ、Macだ、DosVだという人が来てもいいように。Townsについてはまあ今使えりゃ先のことはいいかあ、みたいな感じ。もちろん入力装置やソフトも揃えて。

 ある年、教研(組合の実践発表会)に誰かが出ないといけないということになり、みんな嫌がって押し付け合いになりましたが、じゃあということで私が情報教育分野で発表しました。

 私の前に発表された先生はDosVを使って校内LAN(外へはどうだったかな?外へもつながっていたかも)を組んだ実践を発表されました。そして結語は「これからのパソコンはネットワークにつながないと意味がありません」

 次に私が発表。

肢体不自由のお子さんの気持ちを1スイッチで尋ねる

でこの実践ではMacを使ったけど、98ならあれとこれ、Townnsならあれとこれを使えば同じことが実現できます、と述べ、最後に前に発表した先生に「私はAppleTalkでLANの素晴らしさは実感しています。しかし、スタンドアローンのパソコンにもいろいろ使い道があるのだ、ということもご理解頂けたらと思います」と言いました。するとその先生はちょっと呆然としたような表情をされ

「も、もちろんです」とおっしゃられました。

 まあ、今だったら無線LANなどで両立できちゃう話ですが。

 発表、討議の終わったあと、指導助言の先生(この先生は実はパソコンというものを使ったことが無かったらしい(笑)そういう時代でした)が「昨年まで指導助言をしていて、この会議はいつも『この機種がいい!』という空中戦ばかりしていた。今年始めてパソコンをこう使うという実践らしい実践の話ができた」とおっしゃってました。

 まあ、この話とあのね♪をめぐる議論とは全然違うものかもしれません。上に書いたように、既に私にはあのね♪の中味については何も言える状態ではないですし。

 しかし、私も議論は大好きなのですが

「ここはこういう場合には使いにくいから気をつけて」
「ここはいいみたいだよ」
「これだとこんな使い方できるよ」

とか前向き(?)な議論がしたいもんです。

 公費で買われた先生の前には、たぶんいろいろなタイプのお子さんがいるものと推察します。必要とするお子さんに届くようにしてあげて欲しいと思います。

 公務員のコスト意識の低さにも憤りを述べる方もおられます。確かにそういう面はあるだろうし改善していく必要はあると思います。

 私が学校に導入した機器は後に続く人たちに概ね活用されたと思います。しかし、私が校内責任者になってまずやらなければならなかったのは、高価でかつ使われた形跡の無い、そしてたぶん子どもたちに使わせるのは無理なカナタイプ、ワープロ専用機、パソコンの山を捨てることだったのですから。

DSやDSiで動くフリー(タダ)のソフト それと1つの物には1つの機能という話
あのね♪タイマー機能などアスペルガー症候群の人向きやて
あのね♪を購入した方
「あのね♪」についての発言 
iPhone用の日本語VOCA「DropTalk」が公開
自閉症の方がiPhoneを使ってコミュニケーションする映像(ネタバレごめん)
iPhone用のタイムタイマーアプリ 600円!! めちゃお買い得 日本語版が出た
肢体不自由養護のパソコン導入1
肢体不自由養護のパソコン導入2
文部省の課長さんは滅茶苦茶えらい
肢体不自由養護のパソコン導入3
県の肢体不自由特別支援学校の情報機器利用担当者会をどうやって作ったか

−−−−−−−−−−−−−−−
カナータイプの方への50音表ふうの物のフィッテイングについて

 ブログテーマとしては「特別支援教育」かもしれませんが。

 50音表はわかりますよね。例えばこんなもの。

50音.jpg

 で、私自身は50音表とか50音表ふうのもので自閉症の人に表現してもらおうとフィッテイングしたことはありません。

 で、大昔に最初にsyunさんから聞いたのは自閉症の人で、音声言語では表現できないのに50音キーボードの電子辞書なら表現できる人がいる、ということ。文字を読む、文字を書く、はどんなもんだったのだろ。どんな人か、詳しいことは知りません。syunさんは守秘義務に厳しいからどんな人か、というのは具体的に教えてくれることはほとんどありませんから。

 しかし、相当重度(?)のカナータイプの方であるのは間違いないでしょう。電子辞書は下のようなイメージかな。もちろん昔のことなので、本当はもっとしょぼい物です。

電子辞書.jpg

 で、次に聞いたのは、別のカナータイプの自閉症の人にトーキングエイドをフィッテイングした話。

 トーキングエイドライト

トーキングエイドライト.jpg

 この方にはお会いしたことがありますが、発語は無く、音声言語の指示は通らず、でもとりあえず文字は少し読めの、書けのはしていたかな。

 もちろん肢体不自由特別支援学校では複数の児童・生徒がトーキングエイドを使って表現するのを見ていましたが、自閉症のしかもカナータイプの方にフィッテイングしてはるのにびっくりしました。でもこの方は表現できるようになっていきます。

 その時、syunさんが言った注意点は覚えています。

「これは本人からの要求以外には使わんといてなあ」

 つまり、こちらからの指示とかには絶対使わない、ということですね。

 なぜこの人にトーキングエイドか?という点は私などには??なところがあったのですが、syunさんは観察(つまりアセスメント)の上で、こうやからこう、というのがあったのだと思います。

 そこらへん、言語化して下さったらいいのですけど。講演ではしゃべりはるのかなあ?

 それやこれやが、あのね♪の開発につながっていったのでしょう。

 実際問題として、カナータイプで「文字は?」という方があれこれ使ってはる例もあります。

 まあほんま、私自身は「どんな人に」というのが言語化できないのでもどかしいのですが。

 アスペルガー症候群の方で表現のために使ってはる方もいますし。

 といって、もちろん「誰にでも合う」なんて話ではさらさらありません。
 「文字を教えなければ」という話でもありません。
 カナータイプで音声言語の指示も通らず、音声言語の表現も無い人でも内面には文字がある、という話でもありません。そういう人もいるし、そうでない人もいる。

 そういや、syunさんが昔勤めてはった知的障害者更生施設(いろんな意味で重度な人が来る)では、あんまり写真や絵カードは使っているようには見えませんでした。文字カードも。

 自閉症児託児活動「れもん」を手伝って下さる時も、ほとんど視覚支援物は使わなかったです。しかし一度あるお子さんを担当してもらった時、このお子さんには、とひらめいたらしく「チェキであれ撮って、これ撮って」と一気に10枚以上撮らされました。1枚80円くらいかかるのに(泣)(チェキは撮ってすぐに使えるのが強み)

 それで遊びの選択をしてもらっってました。

 何が言いたいか、というとカナータイプの方でもいろいろだし、観察(アセスメント)の上であれこれやっていくんだ、ということですね。

−−−−−−−−−−−−−−−
 Togetterで

関西におけるたこやき器(よくある関西自慢です)

をまとめました。

 まあ、よくある話の流れです。

「たこやき食べたい」を伝えるのに今回使われたのは「あのね♪」ですね。
−−−−−−−−−−−−−−−
任天堂DSi本体


posted by kingstone at 18:11| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする