2011年01月26日

レゴ 自立課題学習の教材として




課題学習の新教材

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 一昨日、同僚とA君とC君への新教材を考えました。
 って、たいしたものではないですが。

 A君には、自立課題学習としては
 ・レゴブロックを「字で色の名前を書いたしきり」の中に色を分けて入れていく。

 1対1でやる課題としては
 ・時刻(3時、4時、5時30分、6時30分)を書いておき、時計のおもちゃの針を合わせる。できたら時刻を消していく。
 
時計メモ.png
 私が実践していた時は、自分で時計の絵カードを作りました。今はこんなのが売っています。写真上がおめめどうの「とけいミニ」100枚綴り210円。下が「とけいメモ」80枚綴り315円。




 自立課題学習の方はばっちり。

 時刻の方はまずおもちゃの時計の動かしかたがわかり、次に30分の時の針の位置が教えることでわかったようです。その後の自立課題に急遽「30分」きざみの時計の絵とカードを合わせる課題を入れてみたら正解できてましたから、良かったな、と思いました。
 まあ、問題はこの手の時刻がわかっても、即、今の学校のスケジュールにはつなげることができないところがありますけど。(ノーチャイムで、結構イベントの時刻が変動する)

 C君には、自立課題学習としては
 ・レゴブロックを長さで分類する

 1対1でやる課題としては
 ・文字(色の名)とレゴブロックの色のマッチング(2色だけ)

 長さでの分類は少しプロンプトが必要でしたが、後は自分でやっていけました。文字と色とのマッチングは、うーーん、どうだろうか。文字の集まりに「意味」があるというのがわかってくれただろうか。最初教えた時の場所で判断したかもしれない・・・ま、いろいろやってみます。

 やっぱり新しい課題だと、くいつき方が違います。
 また同僚と一緒に考えられた、というのが良かったです。

レゴ教材.jpg
 レゴの教材の一例。この場合は箱のしきりのところに色シールを貼ってあり、色をマッチングして入れる。チョコレートの空き箱を使った。あつらえたようにぴったりだった。

−−−−−−−−−−−−−−−
自閉症児託児活動「れもん」第1回

 今日はれもんの第1回託児活動でした。
 やったぜ、と、やっべえ、の2つがありました。

 まず、やったぜ。

 前回の練習(自閉症の子どもたちに来てもらって、ボランティア希望者と一緒にプールに入った)の時、すごく不安そうな方もいらしたし、今回が初めての方もいらっしゃるし、どないしょっかなあとかなり不安でした。不安は顔に出さないようにしたつもりでしたが・・・

 しかし、前回不安そうだった方の場合、ある方が「はじめの一歩」を購入しこの方にあげて下さいました。事前の電話連絡でも、この本を読んでかなり不安が減ったとおっしゃってました。

 で、今日はまず11時に集合して「自閉症とは」という説明を30分間。

 しかし・・・こっちは「心配ないんだよ」「不安なことないんだよ」というつもりで伝えてるつもりのことが、返って不安をあおってたら悪いなあ、と思いました。どうだったんだろ・・・・

 で、1時を回っていよいよ保護者の方がお子さんを連れて来られました。

 実は事前の調査書というか、そういったものを私が全員面接や電話連絡で取っていました。私が担任している子はいいんですが、そうでないお子さんについては、実はかなり不安でした。もちろん問題があったら困るから、気をつける点などをいろいろ聞くわけです。そしたらやっぱり心配なとこばかり出てくるんだもん。

 しかし、いらっしゃってみると、なーーんや、という方も多く、良かった、良かった。

 あるお子さん、ちょっとお母さんと離れがたかったことがありました。そこで、私がレゴの写真を見せ、これで遊んでもいいんだよ、と言うと実物のレゴの方を見てさっさとお母さんから離れてくれました。

 他の場面でも「目で見て納得してもらう」というのが効果があった場面がいくつかありました。

 後、やはり会うのが2回目で今回すごく慣れることができた、また1回目だけど落ち着いて関われた、というのがあって、良かったです。あるボランティアさんなんかプールサイドに腰かけてずっといるお子さんの前で、時々ちょっと関わりながらずーーーっと30分間過ごし、ついにそのお子さん、一度だけプール25mの往復をした、なんていうのもありました。なんか思い出しても涙が出そうなほど感動的でした。

 プールから上がって来てからは、多くの子どもが落ち着いて過ごせていました。

 で、最後の反省でもボランティアさんから「良かった」という声が聞けて本当に良かったです。

 また、みんなと一緒に動くことが難しかったお子さんには自分で判断してどんどん動けるボランティアさんをつけることができたことと、幼いお子さんに現役の保母さんをつけることができたこと、が大きかったです。

 やっべえ編。

 ボランティアさんには交通費しか出していません。
 後、私の車の高速代と駐車場代。
 そして子どもをつけずに、フリーで動かしていた人のプール入場料。(子どもについている介助者は無料)

 これで赤字が8840円です・・・・

 笑わなしゃーない・・・
 こんな話をしてたら実母と妻から寄付の申し出がありましたが(笑)

 それはそれとして、うーーむ・・・まじにどっかから寄付なり助成なり引っ張ってこないといけないなあ・・・どっかないかなあ・・・。

 ○○さん、こんにちは。

 >自腹なんか切らずにすむよう、財源確保、何とかならんもんですかね〜。

 ですよねえ・・・私も根がケチですから、悩みながらも料金設定は少し高めに、と考えていたのですが・・・まだまだ甘かった。で、こうなったら、ほんま助成金とか取ってきたいと思います。

 私、れもんにお金を貸し付けてるんですが、今のところ「絶対返してもらうぞおおお」と思っています。

 やっぱり言ってみるもんで、いくつか情報を寄せて下さった方がいらっしゃいます。まあでもうまくいくかどうかはわかりません。またいろいろ情報ありましたらよろしく>ALL

−−−−−−−−−−−−−−−
やりとり、そしてアセスメントでもあるのかな?

 Bさんとのやりとり、めちゃ面白いです。

 4日目に入って、かなりこっちのことがわかってくれだしたような・・

 朝は体重測定に行くのに女性の先生に連れて行って頂きました。

 服を脱いだあとすぐ「体操服を着るんだ」と主張しているようで、体重測定などをするのをかなり嫌がり、ごねていたようです。その先生、体操服を身長計のところに持って来て「こっちに来てね」とやったら来てくれ、身長計を見たら理解してくれたのかな?ちゃんといろんな身体測定できたそうです。

 周囲の先生方も視覚的な支援を使って下さっています。

 その後しばらく図書室でビデオを見たりしました。

 Bさんはビデオは見ずに童謡の本をじっと見ています。
 そこで私は隣で小さな声で歌ってみました。
 そしたらそれに合わするように「アー」と声を出してくれてました。
 時々は私を見てにっこりしてくれました。

 また今日は少しだけ自立課題学習をしてみました。(今、少し空いた時間を使って、いろんな子にいろんなことをさせています。周囲の先生方に子どもたちがどんなことができるのか知って頂きたいというのもあるし、教室の中でどんなレイアウトを取っていけば、課題学習ができるのかを調べたいというのもあるし)ここ2年間やって来ているBさんはさすがに一発でさっさと席につき、レゴブロックの色分けの課題をこなしていました。これ他の子がやっているのをやりたそうにじっと見ていたんですよね。やらせてあげたら良かったな、と思います。

 視覚的なやりとりについても、すごく手応えを感じています。

追記
 後年、特別支援学級担任の時も、知的に重度な自閉症のお子さん用に用意した自立課題学習を、すごくやりたそうにしていた子や、取り上げてやっちゃう子とかいました。その子たちには合わない(本読みとかで
きていた子たちでしたから)と思って、時間を取ってやらせてあげることは無かったんですが、今思えばやらせてあげれば良かった。

 きっと、すごく達成感があったのだと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−
中断・継続と終了がわかること

 kingstoneです。

 今日、朝の着替えの時、Bさんはレゴをやり始めていました。
 で同僚が体操服を目の前に持ってきて「着替えよ」と声をかけても動きません。
 この時は「なんか、無理に連れてったら怒るよなあ」と思い、私はカゴを持ってきて「じゃあ、おかたづけ」と声をかけ、私がレゴを入れ始めると、Bさんも入れ始めます。
 で無くなるとにこっとして着替えに移動して行きました。

(こういう状況で、教師の意図どおりに早く動かそうとして、手を引っ張ったりしても動かない、怒る・・・わがままやあ、みたいな誤解、結構受けてたんちゃうかなあ・・・)

 後で同僚さんと「途中でやめておいて続きは着替えた後で、っていうの理解でけへんやろか」というのを話し合いました。

 帰りの着替えの時・・・今度は絵合わせパズルを並べていました。朝と同じように同僚さんが声をかけたのですが、今度は何となく「片づけなくても移動するんじゃないか」と思いました。
 で私も同僚も片づけさせることをしませんでしたが、Bさんは着替えに行き、その後、またパズル並べをしていました。

 中断がわかることも大事。
 中断して、続くがわかるなんてすごく高度やろなあ。

 最初は終了が確実にわかることが大事かなあ・・・
posted by kingstone at 07:04| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

うまくやるための強化の原理 応用行動分析の本だけど愛情にも触れてる



うまくやるための強化の原理

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 「うまくやるための強化の原理 −飼いネコから配偶者まで−」
  カレン・プライア著 河嶋孝・杉山尚子訳 1400円+税 (二瓶社)
うまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者まで/カレン プライア

をやっと読みました。先日読んだ「応用行動分析学入門」もぞくぞくしながら読みましたが、この本の場合は「ほえーー、なるほどなあ」と感心しながら読んでました。

 担任している子どものことが頭に浮かび、でも「じゃあどうやっていくか」がまだ頭の中に形にはなっていませんが、考えていきたいなあ、と思います。

 面白かったところをいくつかあげると

「強化にもとづく訓練とは、報酬や罰を与えることではない。現代のトレーナーたちは、しだいにそういう言葉さえ用いなくなっている」

 いやーー、実のところ報酬や罰を与えることかな、って思ってしまっていました。「いい」ことをしたら報酬を出し「悪い」ことをしたら罰を与える・・・

 で「行動の直後に好子を与えることを強化といい」となるのですが、報酬とどう違うか・・なんとなくわかるようなわからないような。まだ自分の言葉にようしません。

 「(好子(こうし・・正の強化子)の量は)少ないほどいい」

 ついつい子どもが、こちらがいいなと思うことをしてくれると大げさにほめてしまいがちですが、そうでもないんだよ、ということですね。この人は素敵だな、と思うような指導者が脱力系の人であったりするってのにつながるかな。

 でもって時には「エサに限らずどんな好子でも、きわめて有効な方法は「大当たり」というやりかたである。それは動物でも人間でも同じだ。大当たりとは、ときどき、いつもの好子の量よりも多く、たとえば10倍くらいたくさん与えることである」

 これもなんとなくわかるなあ。

「ある特定の動物種についての知識はなくとも、どんな動物がどんなふうに訓練に反応するかがわかれば、一か月間ただ動物を観察するよりも、30分間訓練する方が、ある特定の主の社会的信号がどういうものかをもっとよく知ることができる」

 これは子どもたちのことをよく知ろうと「自由遊び」の時間を設定するのもいいけど、こちらが意図して組んだ「授業」の中で子どもをよく知ることができることもあるんだよ、と読めました。

 で、最後の方の
「強化を使って訓練すると必然的に起こる、不思議だが重要な結果は、訓練する側とされる側の間に愛情が芽生えることである」
ってのにうんうんうなづきましたです。

 でそうでなくちゃ訓練効果も上がらない、ってことなんだろうな。愛情が芽生えない時もあるけど、その時は効果が上がらない・・・本の中にも失敗した例として少年犯罪者の施設での例が出てきます。

関連発言
過去の記事245(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)1)
過去の記事247(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)2)
過去の記事250(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)3)
過去の記事257(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)4)

−−−−−−−−−−−−−−−
○○さん、こんにちは。

 >「ほめりゃあいいってもんじゃないだろ、ほめりゃあ」
 >と言いたくなるようなことが、私の周りでは少なくないんです。

 いや、よくわかります。
 私なんぞもそうなっているのじゃないか、と思います。
 ほんと適切な時に適切なほめ方ができるようにしたいなあ・・・

 >PS.「うまくやるための強化の原理」の「好子」というコトバ、は
 >    じめて聞きました。よく呑み込めないなあ。

 「正の強化子」でいいんだと思いますよ。前書きにも

「従来、「正の強化子」「負の強化子」と呼ばれていた、positive reinforcer, negative reinforcer を、意味を直感的に捉えやすくするために、杉山らの「行動分析学入門」(産業図書)に基づき、「好子」「嫌子」と訳してみた。」

となってますから。

 しかし・・・いくら本に感動しても、実践に応用できなきゃなあ・・
−−−−−−−−−−−−−−−
自分への強化子

 □□さん、こんにちは。

 >長いことスランプに陥っていた私としては、自分の強化子を見つけなくちゃ、
 >ともがいているところです。(仕事?かな)

 これって大事みたいですね。
 私ならなんだろう・・・計画を立てたことが子どもにウケるとそれだけで嬉しいけど。でもそうはいかな場合も多いもんなあ。

 あと、有森裕子さんの「自分を褒めてあげたい」なんてのも思いだしますね。

 「うまくやるための強化の原理」の中で、著者があんまり行きたい気持ちにならない場所に行くのに、どこそこまで行けばチョコひとかけ、また次の所まで行けばチョコひとかけ、とかやってうまくいった、というのがありましたけど。


posted by kingstone at 16:24| Comment(0) | 教養・ビジネス・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚 教材や様々な物を片づける



 物を放り出してしまう人もいます。その場合、目に見えるように整理できているか、わかる活動が用意されているか、いろいろ考えないといけないでしょうね。

自主研修会

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。

 今日は自主研修会本番でした。
 テーマは「コミニュケーション」
 1週間ずれてたらちょっとテンション下がっていたので、できないところでしたが、何とか開催にこぎつけました。

 いつも来て下さる新人Aさんと若い方が最初来られなかったので、「今日は一人で部屋に座ってるかなあ」と思っていましたが、少し遅れて集まって来られ、結局6人でやることができました。ありがたかったです。

 実践ビデオは新人Aさんには何度もお見せしたビデオですが、中学部の方や初めての方もいらしたので、まあ結構びっくりして見て下さいます。(実際に子どもたちとやりとりしている様子)

 またコミニュケーションとはちょっと違いますが、課題学習の用意をしている部屋でやっていると「とてもこんなに教材など置いておけない」とかコミニュケーションについても「とてもこんな高度(?)なことはできない」とか感想を言ってはりました。

 実はビデオでお見せした実践も、一気にできたわけでなく、少しずつの積み重ねで長い時間にわたってできてきたことだ、というの、言葉でお伝えしても、なかなかわかって頂きにくいもんですね。ってこっちの
プレゼンの仕方が悪いのですが。

 一人のお子さんの事例でどういうことにどれだけの期間が必要だったか、を強調した話をしないといけないかな・・・(やってるつもりなのだけど・・)

 また教材を置いておけるかどうかについても、部屋の構造化をしていく中で、教材を放り出してしまう子が、その部屋にいる時は、別の活動をしているから教材を放り出しにいかないだけで、その部屋で何も活動をせずに居る状態を作ればすぐにでも放り出してくれるのですよね。そこんとこの説明なんかも難しいなあ・・・

 全部の話を1時間ほどでし、あと20分程質疑応答だったのですが、はあ・・・AACの話だって中途半端で終わって、いったい自分の担当しているお子さんにどうかかわる話なのか、というの、ふに落ちなかっただろうなあ・・・

 話をするのって難しい・・・
 またみんながいい意見を出し合うのも難しい・・・
 ま、続けることが大事かな。

追記
 同じ学校内なのですが、実際にやっていることを理解し、知って頂くのは相当難しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−
過去の記事58(午前の学習変更点)

午前の学習(1対1の課題学習や自立課題学習)変更点

 クラスで話し合っていろいろ改良することになりました。

 私のクラスは2部屋使わせてもらってます。
 で、便宜上、教室・給食室とします。
 教室で「着替え」「朝の会、終わりの会」「遊び」などがあり、こないだからブースを作って「午前の学習」(ニュースキル学習)もやるようになったのです。
 
 給食室では「給食」と「自立課題学習」をやってます。給食は中央にある大きなテーブルで。自立課題は壁際に置いた机で。

 で、今まで「午前の学習」をやってきました。
 教室の片側にブースがあり、そこで学習し、終わったら同じ教室の反対サイドで遊ぶ、という形にしていました。7人の子どもに4人の教師です。2人の先生が1対1で勉強し、残りの5人の子どもは残りの2人の先生と遊んでいます。

 またブースが空くと、次にやりたい先生が担当の子とブースに行く、という形にしてました。

 しかし、教室で学習をしてるといくらブースを使っていても周囲の音が気になる子もいる。また教室で次の学習の準備をするのも、子どもがかかわって来てたいへん。また遊んでるはずの子が他の子の学習のところにやって来ることもある。(そっちの方が面白そうなのか・・・)

 で、学習は給食室でやることにしました。

 場所は自立課題をやってる机の向きでも変えるかな、と思ったら新人さんから「やっぱりひとつひとつやる場所は変えた方がいい」という意見が出て(ごっつい嬉しい意見です)給食用の机を少し動かし、段ボールで壁を作ることで雰囲気が変えられるだろう、ということになりました。

 また直接担任している子どもに教えるだけではなく、週ごとにいろいろな子どもを見ていこう、ということになりました。だから自分の担任以外の子とも学習するわけです。これは実現するためにはそれぞれの子どもの課題のやり方の打ち合わせも必要になるわけで、すごくいいことだと思いました。

 また教材の整理用に私の家の使ってない整理棚を持ち込むことになりました。

 また、こないだまでは朝の集いの後は

日・おやすみ
月・ニュースキル
火・ニュースキル
水・学部全体で体を動かしたり
木・ニュースキル
金・徒歩訓練(校外学習)
土・学部全体で音楽を聞いたり

 となっていましたが、やはり体を動かすのも入れていきたい、ということで月曜日は「散歩」をしよう、と決めました。

 どう言ったらいいのだろう・・・結局過去の授業と形は同じになるのかもしれないのですが、個別の課題から出発して、活発に意見を出し合って具体的にものごとを決めていく、って楽しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−
おもちゃを出す、かたづける

 この頃の報告。

 おもちゃの入った引き出しから、遊ぶ時はおもちゃを全部出し、片づける時に「片づけよう」と誘っても嫌がるお子さん。

 おもちゃの写真(文字説明つき)をカテゴリーに分け、それぞれの引き出し(複数)に貼った。

 結果、子どもは使いたいおもちゃだけを出すようになり、片づけも嫌がらなくなった。
posted by kingstone at 12:59| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。