2011年01月13日

伽藍とバザール オープンソース



何でこんなことやってんの?(伽藍とバザールの話なども)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。

 kingstoneです。

 ○○さんの文に触発されて・・・

 私は確かに外から見たら「頑張って」るように見えると思うのですね。(本人の主観ではそうではない・・・)なぜ、そんなことをするんだろう。

 昔、障害児教育フォーラムで「行動分析(応用行動分析)って何」って会議室でやりとりしていた時、□□さんって方が子どもたちに対してすごくいい取り組みをされてた話をうかがいました。□□さんは応用行動分析で一本筋の通った方です。で、私が質問したのね。

「じゃあ、□□さんがその子の前に立つ、その子に指導しようとする、それは何故なの」

 応用行動分析的な答えが返ってくるかと思ったら・・・発言の最後のところに半角カタカナでひっそりと(インターネットでは半角カタカナは御法度みたいなので単にカタカナで書きますが)

「ソレハ・・アイ トイイタイ・・アハ」

と書いてありました。(笑)

 この感じ、すごくよくわかります。
 友達に問われて、で照れながら、って感じね。

 じゃあ、私は何だろう・・・私は「立身出世」という気持ちが強かったりする・・・ただし「立身出世」の方向が管理職へ、という方向とは少しずれてますけど。

 自分が自分でありたい、楽に生きていきたい、というのも近いです。

 あとこれは「立身出世」と少し近いですが「伽藍とバザール」(オープンソースのソフトウエア作りについて考察した文)シリーズの「ノウアスフィアの開墾」に出てくる「ハッカーは名声を動機としてオープンソースプロジェクトに参加する」というのに近いものがあります。

 何にせよ、私は私のためにやってんだい、といつも思っています。
posted by kingstone at 22:19| Comment(0) | 教養・ビジネス・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。