2010年12月16日

生物と無生物のあいだ 福岡伸一著




 すごく面白かったです。

 著者はウィルスを生物とは定義しません。ウィルスは、自己複製はするけれど、

生命の特徴としては何かが足りない・・・それが「動的平衡」というやつになるのかな。

 ところどころ、宮沢賢治の詩を読んでるような気分になる文章もありました。
posted by kingstone at 21:33| Comment(0) | 科学・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする