2010年12月17日

活字の海に寝ころんで 椎名誠著




 様々な「探検記」や食について書かれた本の紹介と、椎名さん自身の旅のことが書かれています。特に食べ物についてが多い。いろんな辺境の食事についても書かれていますが、今の私がどれだけめぐまれた豊富な食材に囲まれているかに気づかされます。

「以来、ぼくは辺境地にでかける旅にはかならず醤油を1リットル入りの水筒に入れて持って行くことにしている」なるほど、日本人には醤油か。確かに何にでも、かけたり入ってたりするものな。

 最近はかつおぶしと海苔も持って行くというのが、どこかに書いてあったような気もする。

 読んでいると、旅をしたくなってくるなあ。

posted by kingstone at 23:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。