2011年01月14日

うまくやるための強化の原理 応用行動分析の本だけど愛情にも触れてる



うまくやるための強化の原理

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 「うまくやるための強化の原理 −飼いネコから配偶者まで−」
  カレン・プライア著 河嶋孝・杉山尚子訳 1400円+税 (二瓶社)
うまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者まで/カレン プライア

をやっと読みました。先日読んだ「応用行動分析学入門」もぞくぞくしながら読みましたが、この本の場合は「ほえーー、なるほどなあ」と感心しながら読んでました。

 担任している子どものことが頭に浮かび、でも「じゃあどうやっていくか」がまだ頭の中に形にはなっていませんが、考えていきたいなあ、と思います。

 面白かったところをいくつかあげると

「強化にもとづく訓練とは、報酬や罰を与えることではない。現代のトレーナーたちは、しだいにそういう言葉さえ用いなくなっている」

 いやーー、実のところ報酬や罰を与えることかな、って思ってしまっていました。「いい」ことをしたら報酬を出し「悪い」ことをしたら罰を与える・・・

 で「行動の直後に好子を与えることを強化といい」となるのですが、報酬とどう違うか・・なんとなくわかるようなわからないような。まだ自分の言葉にようしません。

 「(好子(こうし・・正の強化子)の量は)少ないほどいい」

 ついつい子どもが、こちらがいいなと思うことをしてくれると大げさにほめてしまいがちですが、そうでもないんだよ、ということですね。この人は素敵だな、と思うような指導者が脱力系の人であったりするってのにつながるかな。

 でもって時には「エサに限らずどんな好子でも、きわめて有効な方法は「大当たり」というやりかたである。それは動物でも人間でも同じだ。大当たりとは、ときどき、いつもの好子の量よりも多く、たとえば10倍くらいたくさん与えることである」

 これもなんとなくわかるなあ。

「ある特定の動物種についての知識はなくとも、どんな動物がどんなふうに訓練に反応するかがわかれば、一か月間ただ動物を観察するよりも、30分間訓練する方が、ある特定の主の社会的信号がどういうものかをもっとよく知ることができる」

 これは子どもたちのことをよく知ろうと「自由遊び」の時間を設定するのもいいけど、こちらが意図して組んだ「授業」の中で子どもをよく知ることができることもあるんだよ、と読めました。

 で、最後の方の
「強化を使って訓練すると必然的に起こる、不思議だが重要な結果は、訓練する側とされる側の間に愛情が芽生えることである」
ってのにうんうんうなづきましたです。

 でそうでなくちゃ訓練効果も上がらない、ってことなんだろうな。愛情が芽生えない時もあるけど、その時は効果が上がらない・・・本の中にも失敗した例として少年犯罪者の施設での例が出てきます。

関連発言
過去の記事245(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)1)
過去の記事247(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)2)
過去の記事250(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)3)
過去の記事257(応用行動分析学入門(ぞくぞくするぜい)4)

−−−−−−−−−−−−−−−
○○さん、こんにちは。

 >「ほめりゃあいいってもんじゃないだろ、ほめりゃあ」
 >と言いたくなるようなことが、私の周りでは少なくないんです。

 いや、よくわかります。
 私なんぞもそうなっているのじゃないか、と思います。
 ほんと適切な時に適切なほめ方ができるようにしたいなあ・・・

 >PS.「うまくやるための強化の原理」の「好子」というコトバ、は
 >    じめて聞きました。よく呑み込めないなあ。

 「正の強化子」でいいんだと思いますよ。前書きにも

「従来、「正の強化子」「負の強化子」と呼ばれていた、positive reinforcer, negative reinforcer を、意味を直感的に捉えやすくするために、杉山らの「行動分析学入門」(産業図書)に基づき、「好子」「嫌子」と訳してみた。」

となってますから。

 しかし・・・いくら本に感動しても、実践に応用できなきゃなあ・・
−−−−−−−−−−−−−−−
自分への強化子

 □□さん、こんにちは。

 >長いことスランプに陥っていた私としては、自分の強化子を見つけなくちゃ、
 >ともがいているところです。(仕事?かな)

 これって大事みたいですね。
 私ならなんだろう・・・計画を立てたことが子どもにウケるとそれだけで嬉しいけど。でもそうはいかな場合も多いもんなあ。

 あと、有森裕子さんの「自分を褒めてあげたい」なんてのも思いだしますね。

 「うまくやるための強化の原理」の中で、著者があんまり行きたい気持ちにならない場所に行くのに、どこそこまで行けばチョコひとかけ、また次の所まで行けばチョコひとかけ、とかやってうまくいった、というのがありましたけど。


posted by kingstone at 16:24| Comment(0) | 教養・ビジネス・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚 教材や様々な物を片づける



 物を放り出してしまう人もいます。その場合、目に見えるように整理できているか、わかる活動が用意されているか、いろいろ考えないといけないでしょうね。

自主研修会

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。

 今日は自主研修会本番でした。
 テーマは「コミニュケーション」
 1週間ずれてたらちょっとテンション下がっていたので、できないところでしたが、何とか開催にこぎつけました。

 いつも来て下さる新人Aさんと若い方が最初来られなかったので、「今日は一人で部屋に座ってるかなあ」と思っていましたが、少し遅れて集まって来られ、結局6人でやることができました。ありがたかったです。

 実践ビデオは新人Aさんには何度もお見せしたビデオですが、中学部の方や初めての方もいらしたので、まあ結構びっくりして見て下さいます。(実際に子どもたちとやりとりしている様子)

 またコミニュケーションとはちょっと違いますが、課題学習の用意をしている部屋でやっていると「とてもこんなに教材など置いておけない」とかコミニュケーションについても「とてもこんな高度(?)なことはできない」とか感想を言ってはりました。

 実はビデオでお見せした実践も、一気にできたわけでなく、少しずつの積み重ねで長い時間にわたってできてきたことだ、というの、言葉でお伝えしても、なかなかわかって頂きにくいもんですね。ってこっちの
プレゼンの仕方が悪いのですが。

 一人のお子さんの事例でどういうことにどれだけの期間が必要だったか、を強調した話をしないといけないかな・・・(やってるつもりなのだけど・・)

 また教材を置いておけるかどうかについても、部屋の構造化をしていく中で、教材を放り出してしまう子が、その部屋にいる時は、別の活動をしているから教材を放り出しにいかないだけで、その部屋で何も活動をせずに居る状態を作ればすぐにでも放り出してくれるのですよね。そこんとこの説明なんかも難しいなあ・・・

 全部の話を1時間ほどでし、あと20分程質疑応答だったのですが、はあ・・・AACの話だって中途半端で終わって、いったい自分の担当しているお子さんにどうかかわる話なのか、というの、ふに落ちなかっただろうなあ・・・

 話をするのって難しい・・・
 またみんながいい意見を出し合うのも難しい・・・
 ま、続けることが大事かな。

追記
 同じ学校内なのですが、実際にやっていることを理解し、知って頂くのは相当難しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−
過去の記事58(午前の学習変更点)

午前の学習(1対1の課題学習や自立課題学習)変更点

 クラスで話し合っていろいろ改良することになりました。

 私のクラスは2部屋使わせてもらってます。
 で、便宜上、教室・給食室とします。
 教室で「着替え」「朝の会、終わりの会」「遊び」などがあり、こないだからブースを作って「午前の学習」(ニュースキル学習)もやるようになったのです。
 
 給食室では「給食」と「自立課題学習」をやってます。給食は中央にある大きなテーブルで。自立課題は壁際に置いた机で。

 で、今まで「午前の学習」をやってきました。
 教室の片側にブースがあり、そこで学習し、終わったら同じ教室の反対サイドで遊ぶ、という形にしていました。7人の子どもに4人の教師です。2人の先生が1対1で勉強し、残りの5人の子どもは残りの2人の先生と遊んでいます。

 またブースが空くと、次にやりたい先生が担当の子とブースに行く、という形にしてました。

 しかし、教室で学習をしてるといくらブースを使っていても周囲の音が気になる子もいる。また教室で次の学習の準備をするのも、子どもがかかわって来てたいへん。また遊んでるはずの子が他の子の学習のところにやって来ることもある。(そっちの方が面白そうなのか・・・)

 で、学習は給食室でやることにしました。

 場所は自立課題をやってる机の向きでも変えるかな、と思ったら新人さんから「やっぱりひとつひとつやる場所は変えた方がいい」という意見が出て(ごっつい嬉しい意見です)給食用の机を少し動かし、段ボールで壁を作ることで雰囲気が変えられるだろう、ということになりました。

 また直接担任している子どもに教えるだけではなく、週ごとにいろいろな子どもを見ていこう、ということになりました。だから自分の担任以外の子とも学習するわけです。これは実現するためにはそれぞれの子どもの課題のやり方の打ち合わせも必要になるわけで、すごくいいことだと思いました。

 また教材の整理用に私の家の使ってない整理棚を持ち込むことになりました。

 また、こないだまでは朝の集いの後は

日・おやすみ
月・ニュースキル
火・ニュースキル
水・学部全体で体を動かしたり
木・ニュースキル
金・徒歩訓練(校外学習)
土・学部全体で音楽を聞いたり

 となっていましたが、やはり体を動かすのも入れていきたい、ということで月曜日は「散歩」をしよう、と決めました。

 どう言ったらいいのだろう・・・結局過去の授業と形は同じになるのかもしれないのですが、個別の課題から出発して、活発に意見を出し合って具体的にものごとを決めていく、って楽しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−
おもちゃを出す、かたづける

 この頃の報告。

 おもちゃの入った引き出しから、遊ぶ時はおもちゃを全部出し、片づける時に「片づけよう」と誘っても嫌がるお子さん。

 おもちゃの写真(文字説明つき)をカテゴリーに分け、それぞれの引き出し(複数)に貼った。

 結果、子どもは使いたいおもちゃだけを出すようになり、片づけも嫌がらなくなった。
posted by kingstone at 12:59| Comment(0) | 自閉症・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インリアル・アプローチその他 コミュニケーションのために 



AAC入門 拡大・代替コミュニケーションとは 中邑賢龍著

AAC入門.jpg

価格: 2,000円
発売日:2002年02月20日




自主研修会レジメ

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。

 ちょっと落ち込みが激しかったのですが、少し復活して来て、何とか明日の自主研修会のためのレジメを作ることができました。
-----------------------------------------------------
       コミニュケーション指導について
                        文責・KING STONE

1.コミニュケーション指導の変遷
    スピーチからコミニュケーションへ
    多数者と少数者
    なんでコミニュケーションするの(わかち合うもの)

2.INREAL(インリアル)   1974〜
    INter REActive Learning
  基本姿勢(SOUL・・・「たましい」みたいでかっこいい)
       Silence(静かに見守ること)
       Observation(よく観察すること)
       Understanding(深く理解すること)
       Listening(耳を傾けること)

       第1段階……シンシアリティ・レベル(誠実に応じる段階)
       ・SOULを守る
       第2段階……ミーニング・レベル(意味あるかかわりの段階)
       ・子どもの問題改善を目的としたかかわり

      具体的方法
      ビデオにやりとりを撮り分析する

      ※ まず指導者の感受性を高める?

3.AAC(エーエーシー)  はっきりしてきたのは1980年代から
    Augmentative Alternative Communication
     音声言語だけにこだわらず、身振り・サイン・シンボル・文字盤など
    シンプルテクノロジー・VOCA・その他電子機器(パソコンを含む)など
    とにかくその本人が使えるものを使ってコミニュケーションしていこう、
    という考え方。

     自立とは自己決定である。そのために表現手段を確保しよう。
     (1975年〜  インクルージョンの流れの中で)

      ※ まず環境を整える?

4.TEACCHのコミニュケーション指導
    1.受容性コミニュケーション
    2.表現コミニュケーション
    3.社会的相互交渉

    最初にコミニュケーションサンプルを取り、そこから考える。

5.実践事例

追記
 「自閉症のコミュニケーション指導法」は骨があるというか何というか・・・3回くらい読んでやっとわかった感じでした。

−−−−−−−−−−−−−−−
インリアルについて

 ○○さん、こんにちは。
 kingstoneです。

 インリアルについては肢体不自由養護学校時代に少しかじって、自分でもビデオを分析しトランスクリプトを作ったりしました。私は、音声言語もノンバーバルな音声言語以外のコミュニケーションも記録していきました。

 まあ私の判断では、コミュニケーションに障害を持つお子さんに接する周囲の人間の態度や感性を磨く上でたいへん重要な技法だと思っています。

 そして障害を持つお子さんの、コミュニケーションしようという気持ちが強くなる。

 直接にはやりとりしているところをビデオに撮影し、分析する、ということをすると思います。その中でいかに自分が相手からの発信を受けとめることができていないかがわかって、冷や汗をかくことも多いです。あるいはどれだけ自分が無意味な発信をしているか・・・

 そういう点では、自閉症のお子さんと対処する時にもたいへん参考になる点はあると思います。あっ、ここで何か伝えたそうにしているのに、こっちは全然気づいてないなあ、とか。こっちがこういう行動を取った(あるいはこんな音声言語を発した)のに彼はこう応えているなあ、とかいうのがよくわかるようになります。そういうことを繰り返しているうちにビデオを撮らない時にも観察力が鋭くなると思います。

 で、じゃあどんな働きかけをしたらいいのかな、と考えるもとにもなりますし。

 私が、自分の担任している子とのやりとりを自分のデジタルビデオカメラで撮影して見直してみる、というのもインリアルを学習したことが大きく影響しています。

 しかし・・・

 >実際講義の終わりのほうで自閉症についても述べられたのですが「オイ、オイ、
 >ちょっと待てよ・・・。」と言いたくなるような内容が出ましたし・・・。

 ふむふむ。講師の方の?な発言があったわけですね。
 もし良かったらどんな内容とお聞き取りになったか、教えて頂けますか?

 もちろん「講師の言葉」そのものではないかもしれません。でも講師さんなら聴衆にどういうふうに受けとめられるか、というのにも責任があるから、○○さんが受け取られた通りに教えて頂けたら、なんて思いますけど。

 「インリアルは自閉症の方に有効」という言い方はちょっと違うと思います。どちらかというと「インリアルは人間関係のベースになるところに有効」という感じの方が強いと考えています。

 でインリアルを深く学ぶことは意義深いことですが、自閉症の方とおつきあいしていくには、それとは別にまた自閉症についてのあれこれを学ぶことが必要だと思います。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、こんにちは。

 >要するに、「インリアル」とは、障害児教育に携わる者や療育者の技術の向上のため
 >、あるいはそれらの人たちと障害者との間のよりよいコミュニケーションを図って
 >いくための有効な手立てのひとつと解釈すればよろしいんでしょうか?

 まあそんなとこかな。
 ある意味では「障害児」でなくても「健常児」や一般の大人であっても有効だと思います。(ただ「手だてのひとつ」と言ってしまうと深くやっておられる方が怒るかな??どんなもんだろう)

 日本文化科学社から出ている「インリアルアプローチ」って本がわかりやすくてお奨めです。持ってるのに本棚を捜してみたら無い・・・持ち歩いているうちに無くしたかな??

 ある保護者曰く。「私らあれ勉強するのたいへん。でも教師はみんな勉強して欲しいなあ」爆笑してしまいました。

 でも保護者の方も勉強される(本を読むだけでなく、実際に自分でビデオを撮って分析してみる)とほんとすごく役に立ちますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−
「れもん」ボランティアさんへの講義5「インリアル・アプローチ」

 大昔の話です。

 自閉症児託児活動「れもん」のボランティアさんへの簡単な講義です。
・・・・・・・・・・・・・・・
インリアル・アプローチについて

   INREAL : Inter Reactive Learning (相互に反応しあうことで学習する)

発想の転換 コミュニケーションからことばへ
   「コミュニケーションとは、ことばあるいは他のさまざまな手段による
    人間相互の交流と理解のプロセスであり、話し手と聞き手との間に交
    わされる伝達のプロセスを含むものである」

コミュニケーションの原則
   1.子どもの発達レベルに合わせる
   2.会話や遊びの主導権を子どもに持たせる
   3.相手が始められるよう待ち時間を取る
   4.子どものリズムに合わせる
   5.ターン・テーキング(やりとり)を行う
   6.会話や遊びを共有し、コミュニケーションを楽しむ

かかわる人の基本姿勢 SOUL
   Silence(静かに見守ること)
   Observation(よく観察すること)
   Understanding(深く理解すること)
   Listening(耳を傾けること)

インリアルの段階
   1.シンシアリティ・レベル(誠実に応じる段階 SOULを守る)
   2.ミーニング・レベル(意味あるかかわりの段階 課題を目的とした関わり)

言語心理学的技法
   ミラリング    子どもの行動をそのまままねる
   モニタリング   子どもの音声やことばをそのまままねる
   パラレル・トーク 子どもの行動や気持ちを言語化する
   セルフ・トーク  大人自身の行動や気持ちを言語化する
   リフレクティング 子どもの言い誤りを正しく言い直して聞かせる(非難せず)
   エキスパンション 子どものことばを意味的・文法的に広げて返す
   モデリング    子どもに新しいことばのモデルを示す
      (kingstone注「ことば」と書いているが、音声言語以外でもいいはず)
      (技法を意識し、やってみて、そして忘れること)

実際にどうやるの?
   ビデオを見ながら分析する

参考文献  インリアル・アプローチ 竹田契一・里見恵子著 日本文化科学社 2240+税

4.今日の活動について
   ・時程
   ・注意点
   ・計画と報告書
   ・ファイルは部屋から持ち出さない
   ・サイフやプール利用券の確認
   ・楽しんで欲しい

−−−−−−−−−−−−−−−
戦いと癒し(4)癒し 全体会にて

※このエピソードは他のエントリーで書いています。そちらは細かい点(いや大きな点もか?)が違っていました。でもまあそちらも残しておきます。

 kingstoneです。

 しかし、顔では笑っていても、私にもすごいストレスがかかっています。
 昼休みは、(たぶん神経性の)下痢で何度もトイレに飛び込みました。

 午後の記念講演、どうしようかな、と思いました。
 でもまあ折角やしなあ・・・・

「教育現場で情緒的不適応を起こしている発達障害児をどう理解するか」
〜学習障害(LD)・ADHD・自閉症を中心に〜
鳥取大学教育地域科学部
人間教育講座障害児病理学教授
小枝 達也 先生

 ものすごくわかりやすくかったです。そして一枚のスライド
------------------------------------
特発性の自閉症     脳障害による自閉症
  ↓            ↓      
語用論からのアプローチ   行動療法(応用行動分析)
  ↓            ↓      
 インリアル        TEACCH
--------------------------------------
 特発性の自閉症とは高機能自閉症とかアスペルガーでそういう人たちにはインリアルがいいのではないか。

 知的な遅れがあるタイプの自閉症の方の場合は、TEACCHがいいです。TEACCHをやっいる方は「単なる行動療法では無いという言い方をしますが、まあそうかなあ。TEACCHでは「できることはなんだ」そしてそれを組み合わせて「できあがる」とやるので知的に重度な方にもいいです。重度であればあるほど適用かもしれません。私は最近重度な方に会うのも怖くなくなりました。
----------------------------------------
とおっしゃいました。もちろんつっこもうと思えば、小枝さんがおっしゃる「インリアル」はよくうかがうと場を設定して言葉使いのおかしいところを直していく、ということで、これだってTEACCHの中にあったりしますけど。

 でもとても嬉しかったです。これだけの人たちが聞いているのだ、と思うと。記念講演ですから参加者全員が聞いていますから。(A教授は聞いていないでしょうけど)

 ああ、すーーっとしました。
 確実に援護射撃になっていると思いました。

−−−−−−−−−−−−−−−
テストについて 里見恵子さんの講演の時

 大昔の大昔の話です。

 肢体不自由特別支援学校にいた頃。

 ある時、職員研修の講師として里見恵子さんをお呼びして講演をして頂きました。当時、里見さんはどこかの施設に勤めてはったと思います。もちろんインリアルの使い手としても高名でしたが、この時のテーマはインリアルに限定した話ではなく、肢体不自由特別支援学校にいるような子に、どんな関わりをしていけばいいか、みたいな話だったと思います。メモも残っていないし、記憶に定かでない所もあるのですが。

 で、里見さんは、教師も何かひとつテストが使えるようになって欲しいとおっしゃってました。もちろん得意なところ、苦手なところがわかって支援を組み立てていけるように、ということで。

 質疑応答の時に一人の教師が手を上げて発言しました。

「テストは差別の道具であり・・・」

って、まあ教条的?と言うかこころのこもってない言葉?と言うか・・・実のところ、この先生、進路のこととかすごく頑張ってはって、私とは仲良しだったりもしたのですが。

 里見さんは、途中まで聞き、力強い声でこんな風におっしゃいました。

「誰が差別のためにテストを使え、なんて言いました。あくまでも得意なところ、苦手なところがわかってその子にあった教育を作り上げていくためのものです」

 まあ、柔道とか剣道とかだったら「いっぽん!!」と決まって、しかも場外までぶっ飛ばした感じ(?)実践してはる方の強さを感じました。

−−−−−−−−−−−−−−−
療育手帳の判定に行った保護者の方へ(また療育センターの方に返答したこと)

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ちょい疲れてますので手短に。

> B1の時より利点があるので、ラッキーと思いました。(本人なりには、成長してい
> る ので余り判定は、気になりませんでした。)

 うふふ、こういう捉え方、とっても素敵ですね。

※判定のテストの時、検査者が音声言語でばかり指示していたという話で

> うまく表現できませんが、皆さんは、この判定時の課題の出し方や、判定の基準に
> 対して、どう思われますか?ご意見いろいろ伺いたいです。

 つまり自閉症の方にはやりにくい問題をだし、それを「できない」という判定をしているわけです。
 でもそこからはなかなか療育に結びつける手がかりが得られないのもほんまですね。療育手帳の判定としてはいいのかもしれないけど。(お子さんが音声言語だけではこんなに生きづらいんだ、ということが分かるという意味なら良し)

 そこでTEACCHでは独自に開発したPEP-Rという発達テストをするわけですが、これはまさに「言語の使用を極力少なくした」テストなわけです。でこどもたちが「できること」「できないこと」「できかけていること」を探し、そこから療育を組み立てていくわけですね。

>最後に、療育センターで、言語の療育を受ける話になり、インリアルのことを少
>し話しました。すると、「インリアルは、子供中心で、考えているけど、TEACCHは違
>うからいろいろなことをすると子供が、混乱するといけないし」、(問診時に、
>TEACCHを少していることを話していたので、)とおっしゃるんです。
> 思わず、「いいえ、いっしょですよ。TEACCHも子供中心ですよ。カードも
>最初は、どんな風に使うかを教えるたに、こちらのしようとしていることとか
>を、伝えるためにカードを使いますけど、最終的には、子供が、それで
>自分の気持ちを伝えたりできるように、するためです。」と、いってしまい
>ました。(間違えていませんよね。)

 パチパチパチ(拍手)

 で「もっと勉強して欲しい」という○○さんのご意見、その通りだと思います。

 「最近、保護者が勉強して、現場の者が困っている」(複数の講演会の複数の講師の意見)というような専門家の実態は、現状ではそんなもんです。どんどん教えてあげたらええのやと思います。言われればちょっとは勉強しないといけないな、と思うだろうから。

posted by kingstone at 12:09| Comment(0) | 障害支援・社会参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。